本文へスキップ

北田康広公式サイトです。

Kitada Yasuhiro Official Site

コンサート履歴・感想Musicpage






コンサート履歴・感想

 嬉野市主催「人権コンサート」の模様が地元テレビで紹介されました!
 北田康広 心の瞳トークコンサート 〜私には光がある〜  嬉野市文化ホールリバティ(2016.2.13)
 

         
興譲館高校の小谷校長先生のコメントより(ホームページより転載させていただきました)
   
今日は、「北田康広さん」をお迎えして、三年目の音楽鑑賞会が行われました。
TVで取り上げられた、北田さんの人生を見て、すでに大きな勉強。
どんな状況でも「人が悪い」「自分以外の何かが悪い」と言うのではなく、「今、自分にできることを追いかける」
その結果としての人生をかいま見ました。

ピアノがメインかと思っていましたら、すばらしい歌声・・・。あの発声は本物でした。声が、歌が、心に飛び込んでくるって感じです。
生徒たちの心も震えたでしょうか。
後ろ姿の生徒の陰しか見えませんが、何人も丸坊主の生徒が、リズムに合わせて頭を振っているのが見えました。
響いてる響いてる・・・。

しかし、反対にそういう「美しいもの」が、すっと入っていかない状況の生徒も・・・。
まだまだ心を育てられていない生徒がいることも暗闇の中で感じました。
奥様の伴奏で歌声を披露してくださった後は、ショパンをピアノで聴かせてくださいました。

感動です。
「目が見えない暗闇の世界ならば、他の四感を磨けばいい・・・・」
そういう、合間のトークも「人として生きる勉強」になったのではないでしょうか。

「目をつぶって私と同じ暗闇の世界で聴いてください」と熱唱された「マイウェイ」。
反則です。ビンビンに心の中に飛び込んできて涙が出てしまいました。また日本語の歌詞がすごいこと。
やはり、命の尊さや生かされているというお話があり、ならば、何かのためにこの命を使わなければならないと・・。

最後に、代表で挨拶してくれた生徒の言葉もまたすごいこと。私の挨拶などより何倍もすばらしいものでした。響いたのでしょうね。
響いた生徒と響けない生徒の同じ時間の成長の差は大きなものかも知れません。

「全く目が見えないからと言って、何もできないんじゃない。マイナスからのスタートでも、スタートラインに立つことができるようになる。」
いいお話ばかりでした。

今日の出会いをいただけたのも、マネージメントしてくれたW君をはじめ、相変わらず上手な司会のNさん、多くの方々のご尽力のおかげであることも忘れてはなりません。
バックのすばらしい文字を書いて演出してくれたT先生も・・・。
北田さんご夫妻が、この文字に感動しておられました。ほんとうにいい時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。

北田康広さん・・・忘れられない名前となりました。
伊豆市長・菊地様のコメントより(ホームページより転載させていただきました)   
 

この3連休、素晴らしいイベントに続けて感動しました。ひとつめは、全日本ろうあ連盟創立60周年記念映画の「ゆずり葉」、そしてもうひとつは伊豆市青少年健全育成大会における「盲目のピアニスト・テノール歌手 北田康広氏のトーク&コンサート」です。

 「ゆずり葉」の方は、聴覚が不自由な皆さんが様々な国家資格などを取得できるように世代を越えて戦ってきた姿を描いたものですが、その中に「命の尊さ」を訴えるメッセージも読み取れ、感動の連続でした。今回ご覧になっていない方は、機会がありましたら、ぜひ一度ご覧ください。希望を繋ぐ、夢を繋ぐ、そして命を繋ぐ人の役割をあらためて感じさせてくれる作品です。聴覚が不自由なことは、「障害」なのではなく、「個性」なのだとも、教えていただきました。

 また、「北田コンサート」も、別の意味で驚きの連続でした。北田さんは5歳で視力を失い、高校時代の様子は、ご本人曰く「通信簿は、1・2・1・2の行進曲だった」とか。それが、クリスチャンの先生に導かれ、音楽の世界に入って行きます。そして、今では私たちには到底できない素晴らしいピアノ演奏とテノールを披露してくださいました。行政を司る上で、いろいろな障害に直面していることを言い訳にしている自分が、恥ずかしくなる思いでした。

 共通して感じたことは、「生きていくための勇気」、そして「全ての人は、期待される役割を持っている」こと。聴覚、視覚が不自由な方々の素晴らしい生き様に、勇気を与えられた連休でした。

  
 広島女学院創立120周年記念特別講演会の学生アンケートより  
 ●今日の北田先生のお話を聞いて、目で見る事以上に、心の目で見る事がとても大切だと思いました。
●とても心にひびいてくる歌声でした。私は目が見えているのに、見えていない北田さんよりもいろいろなことに挑戦せずにあきらめて
  いるので、これからはがんばって様々なことに挑戦していきたいと思います。
●にこやかな表情の語り口が印象的でした。生かされている事に感謝することに気付かされた一時でした。
●言葉の一言一言に重みがあって、一生懸命生きようと思った。生んでくれた母に感謝した。
●不便だけれども不幸ではない。不幸かどうかは、その人が決めるものだ。という言葉が心に残りました。
●目が見えなくて日常生活で少し困る事があるとおっしゃっていたが、北田さんは自分の人生をとても楽しんでいるようでした。それは、
 心の目を開いて、様々なことを感じ生活しているからだと思いました。その充実感が演奏や歌から溢れ出しているからこそ、たくさんの
 人々が北田さんの活動に感銘  を受けるのだなと思いました。
●北田さんが歌われるときに本当に心の瞳で何かを見ていらっしゃると感じた。目が見える私よりも真実をしっかり見ている。
●北田さんが「私は視力以外は普通の人間と同じです」と言われた時、私は失礼な偏見を抱いていたことにとても恥ずかしく思いました。
●私は北田さんの「誰でも才能を持っている。自己ベストをつくすようにしてください」と言われた事を実  行したいと思いました。
●北田さんの演奏と歌を聞いた時、とても心に響きました。多くのことを乗り越えてきたからこそこんなに  もすばらしい演奏や歌が
 できるんだと思いました。
●便利な社会になると、障害者は逆に不便になっていくというお話がとても印象的でした。そんなこと考えたこともありませんでした。
 視点を変えてみるといろんなことがあるのだと思いました。目が見える  から見えていないものもあるのだと思いました
●本当に心に響いたし、感動した。また機会があればいいと思った。最後の心に瞳の歌も本当に自分の中の何かを動かされたように思う。
●北田さんの歌声に心うたれました。声を聞いた瞬間、震えがきました。つい目をとじて情景を思い浮かべながら聞いていると心が満た
 されて全てに酔いしれてしまいました。音楽を通じて強いメッセージが伝わってきました。久々に素晴らしい演奏を聞くことができて
 良かったです。目が見えなくても生き生きしている方だと思いました。
●心に優しい音楽が響きました。忙しい時を、この間だけ忘れることができた。
●美しく力強い伸びやかな歌声と繊細な音色のピアノ演奏がとても印象に残りました。お話を聞き、日々の感謝の心を忘れず、目で見る
 だけではなく、心で物事を感じ、その時に思った素直な気持ちを忘れずに生きていきたいと思いました。
●心の瞳は、中学校の頃コンクールで唄った思い出深い曲でした。改めて聴いて、とても綺麗で心が洗われるような気がしました。
●北田先生の演奏はとても聞いていて心がなごみました。勇気をもらった気がしました。
●ピアノ演奏あり、唄ありの素晴らしいコンサートでした。心温まりました。
●北田さんの歌を聴くことで、私の心の瞳が少し開かれた気がします。目の見えている私たちだからこそ、心の瞳を開くことが大切、という
 言葉や、世の中が便利になると障害者にとっては不便になるという言葉は、私たちが考えなければならないことがあると思いました。
●もしも視力が2,3分与えられるのなら星が見たいという言葉に胸を打たれました。
●大好きな心の瞳の独唱、しかもとびきりすばらしい歌を聞けてとても嬉しかったです。歌ってやっぱりいいなと思いました。
  
 関東学院大学音楽礼拝の学生アンケートより
●全盲であっても、そのハンデを感じさせない歌声に感銘を受けました。
●自らの障害と向き合う姿勢から一人の人間としての強い魅力を感じました。
●こんなにも素晴らしい方を、礼拝を通じて近くに感じられた縁に感謝したいです。
●歌声がとても美しくて感動しました。
●辛いことがたくさんあったのに、前向きに明るく生きておられて、とてもすごいと思いました。
●キリスト教の教えを大きな支えとして強く生きてらっしゃる姿に、大変勇気づけられました。

 【人権・平和・福祉・教育関係】 
 イベントチラシ  イベントチラシ    イベントチラシ
 【学校関係】 
       
 【キリスト教関係】 
 市民クリスマスのチラシ  チャリティーコンサートのチラシ    
 【その他】 
 イベントのチラシ  コンサートのチラシ  デビューリサイタル
初リサイタルのチラシ
 イベントチラシ
 実績(一部掲載・略称)      
 【人権・平和・福祉・教育関係】
嬉野市人権課、利島村教育委員会、全国保育士会、NPO法人いのちのさと、越谷市教育委員会、徳島県全国障害者芸術祭・文化祭とくしま、尾鷲市教育委員会、八尾市教育委員会、中央労働金庫(中央ろうきん・神奈川・東京・栃木・千葉)、東京都生活協同組合連合会「ピースアクションin TOKYO」、新上五島町教育委員会「人権教育音楽コンサート」、各務原商工会議所女性会「新春チャリティディナーショー」、湯沢市教育委員会「ゆざわ人権フェスタ」、テレビ朝日福祉文化事業団「トレヴァンコンサート」、伊豆市教育委員会「伊豆市青少年健全育成大会」、四国中央市教育委員会、東京六本木ライオンズクラブ、東京原宿ライオンズクラブ、国際ソロプチミスト玉野「20周年記念コンサート」、宇和島市教育委員会「人権を守る町民の集い講演会」、女性ネットワークなか、白岡町教育委員会、鹿沼市教育委員会、墨田宗教者・信徒平和会、ハートフルフェスタ実行委員会ピュアソウルの会、(財)浜松市文化振興財団、五色のコンサート、徳島県人権課、愛媛県教育委員会、愛媛県人権課、埼玉県、徳島いのちの電話、広島県保育連盟、伊万里ライオンズクラブ、加須市教育委員会、真田町教育委員会、島根視覚障害者福祉協会、働く障害者の弁護団、柏法人会、島根いのちの電話、高知桜ライオンズクラブ、アカデミー愛とぴあ、南勢町教育委員会、全労済山口県本部、徳島藍ライオンズクラブ、安芸太田町教育委員会、行田市教育委員会、本庄市教育委員会、野田市教育委員会、知的障害者更正施設かんなの里、アムールホール、大宮ひかりの会、伝統と前衛芸術を愛する百人委員会、神奈川新聞社、三原浮城ライオンズクラブ、横浜ユニセフ支援会、新発田市教育委員会、筑波キングスガーデン、ふれあい加世田いにしへホール、神辺町、日進ライオンズクラブ、柳川市教育委員会、勝央文化ホール、平田文化館、、福山市沼隈サンパル文化ホール、埼玉県教育局北部教育事務所、豊島区社会福祉協議会、上総ロータリークラブ、上磯ライオンズクラブ、聖明園、三浦半島友都ピアステーション、静岡盲人伝道協会、所沢市社会福祉協議会、三芳町社会福祉協議会、所沢市立中央公民館、西尾市民病院、早稲田奉仕園、美濃加茂市立東図書館、ことぶきの里、高浜市かわら美術館、静岡がんセンターほか多数 
 【学校関係】
興譲館高等学校(岡山)、亀岡市立詳徳小学校、順天中学校・高等学校、湖北白バラ幼稚園、都立大泉桜高等学校、町田市ひかりの子保育園、徳島市立不動小学校、所沢市立上新井小学校、立正大学、さいたま市立尾間木中学校、徳島県立美馬商業高等学校、熊本県立人吉高等学校、相馬市立桜丘小学校、関東学院大学、桜美林大学、津田塾大学、静岡英和女学院大学、中部女子短期大学、桜美林短期大学、済美女子高等学校、共愛学園女子短期大学、聖マリア女学院高等学校、横浜女学院高等学校、恵泉女学園中学校、聖望学園中学校、青山学院大学、九州学院高等学校、女子聖学院高等学校、桃山学院高等学校、茨城県立波崎高等学校、所沢市立椿峰小学校、山北市立さんぽく南小学校、文教大学付属中学校、月島聖ルカ保育園、中津川市立小学校、伊勢崎市立伊勢崎高等学校、関東学院中学校、美作市立大原中学校、広島女学院大学、さいたま市立間宮中学校、富士市立吉原商業高等学校、町田市立山崎中学校、所沢市立東中学校、美濃加茂市立東中学校、白井高等学校、坂出第一高等学校、桃山学園、木の実エベネゼエル幼児学校、須賀川栄光幼稚園、川内のぞみ幼稚園、串木野友愛幼稚園、大阪キリスト教短期大学、常盤台バプテスト教会附属めぐみ幼稚園、せせらぎ会、キリスト教奉仕団テープライブラリー、所沢市立東小学校、二戸市立小学校、ほか多数