教会の写真
聖書のイラスト
本文へスキップ

北田康広公式サイトです。

Kitada Yasuhiro Official Site

チャペルコンサートChapelpage





音楽礼拝、特別賛美、チャペルコンサート、特別伝道集会、
クリスマスコンサート等、各種集会でご奉仕いたします。

チャペルコンサートを計画している教会関係者の皆様へ・・・
   ~賛美と証しによる伝道コンサートをぜひご計画ください~
 
 音楽コンサートを開くと、初めての方も教会に入りやすいけれど、その後はなかなか結びつかず、その時だけで終わってしまうことが多い、
とお思いの方が多いようです。そこで、ただ音楽を演奏するだけではない、しかも一般のコンサートとは違う、“教会のコンサート”を開いてみま
せんか?音楽だけのコンサートでもなく、お話だけの講演会でもない!そんなチャペルコンサートにしたかった、とお思いの方が多いようですね。
 心にメッセージが直接伝わりやすい歌と、ピアノの独奏曲を演奏し、演奏の合間に、救いの証しや福音のメッセージを語りながら、魂の変革を
もたらす感動をお届けします。老若男女を問わず、聴く者の心に伝わる感動が会場を満たすでしょう。
 キリストの福音を伝えるチャペルコンサートをぜひ教会の恒例行事としてご計画ください。近隣の方々への良き伝道の時となるでしょう。

 近隣の方々が入りやすい、参加しやすい会にするために、敢えてTV「奇跡体験!アンビリバボー」にも出演したことがあるというプロフィール
を載せていただき、柔らかい雰囲気のチラシをご作成していただいております。
コンサートの導入で親しみやすい日本の抒情歌などを歌い、よく知られたピアノの小品を弾きながら、気楽にコンサートを楽しんでいただけるよ
うな雰囲気づくりを心がけています。しかも、福音のメッセージを分かりやすく話すとともに、障害を持ちながらも明るく強く生きる力の源、救
いの核心を伝えていきます。

  人生観を一変させてしまう程の情熱に満ち溢れたコンサートは、聴く人に感動を与え、心の変革をもたらしています。
ご相談に応じておりますので、ぜひこの機会に、お気軽にお声かけください。

 ~imformation
 ※ご希望の日にちがお決まりでしたら、お早めにお電話やメールでお問い合わせください。できるだけご希望に沿えるよう
  日程調整させていただきますが、基本的に先にご依頼いただいたところを優先させていただいておりますのでご了承願います。
 ※コンサートチラシ見本や写真データをお送りできます。 

 ~Profiel~
  徳島県生まれ。未熟児網膜症と医療ミスが重なり5歳で失明。在校中、16年間の寮生活と両親の離婚を経験。多くの苦しみを不屈の精神で
 乗り越え、独学で習得したピアノを専門的に学ぶため単身上京。音楽大学で才能が開花され、優秀な成績でで卒業。現在、歌とピアノ演奏を
 交えた“トークコンサート”を全国各地で行っている。
 1993年イースターにバプテスマ(洗礼)を受ける。日本バプテスト連盟 所沢キリスト教会会員。

  筑波大学附属視覚特別支援学校(附属盲学校)専攻科音楽科卒。
  武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科有鍵楽器専修ピアノ専攻卒。
  東京バプテスト神学校神学科卒。
  第31回ヘレン・ケラー記念音楽コンクール第1位受賞。
  第18回全国身障者スポーツ大会陸上競技2種目で金メダル獲得(投擲競技で大会新)。
  フジTV系列「奇跡体験!アンビリバボー」に出演。
  ピアノを足立勤一、若尾輝子、マックス・マルティン・シュタインの諸氏に師事。
  歌を人見共、新垣勉、中山文雄の諸氏に師事。
 
はこぶね便配布チラシ
       

チャペルコンサート用チラシ見本
       

メッセージ

神様の恵みによって与えられた音楽の賜物で主イエス・キリストの御業を賛美し、福音に生かされている喜びを証しさせていただければと願っております。混迷した現代社会に生きる人々に対し、イエス・キリストにある愛と希望と信仰を伝えたく、熱い思いを抱いております。 また、ジャンルや演奏方法にも工夫を凝らし、多くの人々の心に訴えかける賛美を目指しております。 是非、この機会に教会の年間行事予定に組み込んでくださいますよう、ご検討願います。
 現在までコンサート活動を続けてこられたことは、ひとえに多くの方々のご理解とご協力の賜物と、感謝しております。全国各地で、賛美を通して福音の恵みを証しさせていただいておりますが、いつも、困難な状況を切リ開いてくださった神様の大きな御愛を感じながら、お話しさせていただいております。
 これまでの私自身の体験をもとに、命の尊さ、生きることの喜び、苦しみと悲しみの中で培われた明るさとこだわりのなさ、といったようなものをピアノ演奏や賛美、語りかけを通して、聴衆の皆さんに訴えかけ、自然な形で福音の真髄にふれていただけるようなスタイルで、これまで行ってまいりました。
 人間関係が希薄化し、心がとりとめもなく揺らいでしまう現代社会の中にあって、やすらぎと潤いを与えてくれる音楽の果たす役割は、たいへん重要です。ささやかな私の信仰から奏でられる音色が、悩める魂のひだに深く刻まれ、明日への活カを生み出してくれることを願っております。そして、さらに、キリストを信じる信仰へと導かれるなら、そのことにまさる喜びはありません。音楽こそ、ノンクリスチャンと教会を結ぶ掛け橋として、神様からいただいた素晴らしいプレゼントだと確信しているからです。
 そして全盲というハンディキャップを負いながらも、主を賛美し、証しさせていただいているその力の源を、一人でも多くの方にお伝えできればと願っています。






礼拝における賛美の重要性に付いて

1 賛美は儀式ではない

我々日本人にとっては「礼拝」というイメージからは、どうしても儀式的な印象を受けてしまいます。それは儀式好きな国民性からも出ています。
日本人にとっては、儀式は自分を隠す都合の良い道具になりますし、相手の反応が予測できることに対する行動は安心感があります。おかげで嫌な
相手に対しても、いかにも好感を持って接しているかのようなその場限りの態度を取ることも可能になります。そのように儀式は便利な面もありますが、人格的な交わりは期待できません。葬式で訳の分からないお坊さんの御経を聞いて有り難がる人は多いのではないでしょうか。
英語では、礼拝に行くことを、サービス「仕える」に行くといいますが、日本語にはそういう意味はありません。賛美は決して儀式とか礼拝の前菜はなく、礼拝その物であると言えます。言葉や理屈では説明が付かない部分を補ってくれる音楽「賛美」の役割はとても重要です。

2 賛美は心を癒す

最近の医学では、音楽それ自体に心を落ちつかせ、慰める効果があることに注目し、心に優しい音楽を聞かせることによって、病気自体を直す治療
が積極的に用いられています。私たちクリスチャンよりもよっぽど音楽の良さを理解し、うまく用いています。クリスチャンはもっと賛美の素晴ら
しさに気付くといいのではないでしょうか。賛美は単なる音楽とは違い、生きた聖霊が働かれるわけですから、世の中の治療で使われている以上に
、もっと素晴らしい癒しがおきるのです。

3 賛美は勝利に導く

賛美には私たちの不安を取り除き、私たちを勝利へ導く力があります。ヨシャパテの軍隊が戦いに行くとき、主を賛美していることが書かれていま
す。ユダの王であったヨシャパテは、海の向こうから夥しい大軍が攻め上って来るのに気付いたとき、その敵に畏れ、ただひたすら主に祈りを捧げ
ました。さらには全国民に断食して祈るように命令を出しました。どれほど強い敵が攻め上って来ているかが想像できます。こちらには全く勝ち目
はありませんでした。そのとき主の霊が一人の人に臨み、次のような預言がなされました。
「あなた方はこのおびただしい大軍の故に畏れてはならない。気落ちしてはならない。この戦いはあなた方の戦いではなく、主なる神の戦いである
。明日彼らのところに攻め下れ。」
それを聞いて神の約束を信じ 主を礼拝し賛美しました。そして敵と戦うために立ち上がりました。彼は主を賛美する者たちを先頭にして、敵と戦
うために出陣しました。彼らは主を賛美しながら行進したのです。
 ここに主を賛美する一つの心構えが書かれています。それは主の約束を信じる信仰が賛美に必要だということなのです。そうした主に対する信仰
が、賛美の力を、より強力にするのです。奇跡が起きてからであれば、誰でも主に感謝の歌を捧げられるでしょう。でも、まだ奇跡が起きる前に、
約束を信じて感謝の歌を歌うことは、主に対する絶対的信頼、即ち信仰が必要です。逆にいうなら、主の約束を信じられる人は、心からヨシャパテ
のように主を賛美できるのです。約束を信じて主を賛美したヨシャパテの軍隊に、いったい何が起こったでしょう。彼らが主を賛美し始めると、想
像を遥かに越えた主の御手が働き、敵はけちらされたのです。約束を信じ、主を賛美することは、私たちを大勝利に導くのです。
 人が戦いに出ていくとき、よく音楽で勢いを付けます。日本では軍艦マーチが有名ですが、なぜか今ではパチンコやさんの景気付けにつかわれて
います。音楽は、スポーツの試合や仕事を始める前などには大変効果的だと言えます。音楽一つでやる気が出てくるのですから、ましてや主を賛美
するためなら、主御自身が私たちにどれだけやる気を起こさせてくださることでしょうか。このように、賛美は私たちを勝利に導くのです。

4 賛美は私たちを悔い改めに導く

 賛美は頑なな心を砕き、私たちを悔い改めへと導きます。それはもっとも素晴らしい恵みだと言えます。そのような素晴らしい恵みを、私たちの
頑なな心が拒むのです。この心を何とかしなくては主の恵みを手にすることができません。この頑なな心を壊し、悔い改めに導くのに大いなる力を
持っているのが賛美です。かの偉大なイギリスの説教者スポルジョンは、15歳の時にふと教会に行き、自分の罪を悔い改め、改心しました。その
とき、彼がいかに賛美に心打たれたかを、スポルジョン自身が証言しています。彼は賛美にこころがゆさぶられ、賛美をしているただ中に悔い改める心が湧いてきたのです。
 またダビデも詩編の中で悔い改めの賛美を捧げています(51編)。いつものように主を賛美していると、ダビデの心の中が溶かされていき、主
の前に悔い改めの賛美を捧げたのです。賛美によって溶かされた心は、自然に主に向かい、主の前に素直に悔い改めることができるようになるので
す。
賛美はなんと素晴らしい恵みをもたらしてくれるのでしょう。私たちを最高の恵みである悔い改めに導く力が賛美にはあるのです。賛美にそのよう
な力がある理由の一つとして、賛美にはメロディーがあるからです。そもそもメロディーには感情を受容する働きがあります。悲しいときにメラン
コリックな音楽を聞きたがるのは、悲しいメロディーがそういう心を受容するからです。自分の気持ちに合ったメロディー、あるいはサウンドは、
その人の気持ちをリラックスさせます。賛美は、メロディーで感情を受容しながら、頑なな心の扉を少しずつ開き、そこに神様の福音メッセージを
歌詞として心に運び込みます。信仰の種が心の中に賛美の歌詞を通してまかれ、聖霊の力によって急速に成長させられ、ついに悔い改めの恵みに花
咲くのです。

5 賛美は一致を造る

賛美には教会の一致を作り出す力があります。歌によって一致を生み出すというとは、古くから知られており、実行されてきました。思想において
は一致させることができなくても、同じ歌を歌うことによって心が一致するのです。各国に国歌があり、学校に校歌があるのもそのためです。会社
にも社歌のあるところがあり、歌って一体感を盛り上げようとしています。戦時下には志気を高めるために歌を歌い、人々の気持ちを一致させまし
た。歌にはこのように人々を一致させる力があります。
 本来歌は神様と一致するためにあるものなのです。賛美はそのために人類に与えられた賜物なのです。その賜物を神様を忘れた人々が、自分たち
の一致のために使っているとは実に残念なことです。私たちはこの賛美が持っている素晴らしい一致の力を、世の中の人以上に用いるべきです。讃
美は私たち人間と神様との一体感を作り出すものです。賛美をしているときは、皆が同じ言葉を告白することで私たちの中に一体感が生まれてきま
す。具体的には、主の御心に従って同じ目標に立ち、同じ信仰告白をするということです。賛美は私たちの心を繋ぐ愛の帯になるのです。

6 生け贄としての賛美

 私はどこかで次のような話を聞いたことがあります。確か、若くして高熱を出してしまい、この世を去った人の記念文集の中に、その方が死に瀕
した時、高熱で意識が無いような状態であったにもかかわらず、その口からとぎれとぎれに出てきたのは、讃美歌520番のしずけき川の岸辺をで
あったということに印象を受けました。それは、側で看病している両親のこともわからないほどに意識が薄くなっているのに、なおそこから「安し
安し神によりて安し」という讃美歌の一部分が出てきたというのは、いかに賛美が深く神の言葉として魂に刻み込まれていたかを示す出来事だと言
えます。そのことから見ても、キリスト教における賛美とは単に楽しいから歌うのでは決してなく、もっとも苦しいときや、死を目前にした時です
ら出てくるほどのものなのです。主イエスも、これからいよいよ捕らわれるという前夜にも、最後の夕食の後で締めくくりとしてしたことが賛美を
歌うことだったのです。
 「主が私たちに臨まれ、恵みを与え、その恵みに感謝をもって応える行為」── 礼拝とは何たるかを一言で言えばそうなりますが、すなわち、
主の臨在の中で主に仕えて行くことであり、その目的は神様との交わり、関係を深めていくことです。これはまさに賛美の目的と同じです。実は賛
美は、礼拝の一つの形であるのです。
賛美は私たちと神様を結ぶかけ橋であり、多くの恵みに導かれるのです。賛美の中に住まわれる主は、今私たちに必要な恵みをご存じですから、賛
美を通して励ましが必要な人には励ましを、知恵が必要な人には知恵を、信仰の必要な人には信仰を、さらには、癒し、悔い改め、喜び、平安、赦
しなど、必要に応じて神御自身の意志で与えてくださいます。
 礼拝の定義の一つに、「神に最高の価値をお返しすること」とあります。旧約時代には最高の家畜などを生け贄にすることで、主に最高の価値を
お返ししていたのです。パウロは、ヘブライ人への手紙13の15において、その生け贄とは賛美であると述べています。今は旧約時代とは異なり
、イエス様が私たちの身代わりとなって御自身を生け贄として捧げて下さっていますから、これに勝る生け贄はもう存在しません。私たちに残され
た生け贄は、主を褒め称えるこの唇だと聖書は教えているのです。すなわち賛美が最高の生け贄なのです。生け贄というからには、それは礼拝の中
心であり、礼拝その物であると言えるのです。本来なら、生け贄とされるものの条件は、全く非の打ち所が無く、傷や汚れ無き存在でなければなり
ませんが、私たちの唇は日常生活において、どれほど清い言葉を発していると言えるでしょうか。礼拝で主を誉め称えた同じ唇で、一方では他人へ
の中傷、愛無き冷たい言葉、根も葉もないうわさ話を発しているのですから、本当に罪深い存在だと思います。そのような私たちの汚れた唇が、本
当に生け贄としての賛美を発する唇にふさわしいのかどうかと考えたとき、実に暗澹たる思いに包まれてしまうのです。それでもなお、主は私たち
に賛美する事を赦してくださるのですから、その赦しの大きさに感動させられると同時に、生け贄としてのキリストイエスの成し遂げられた業のス
ケールの大きさに驚くばかりです。私たちも、日頃より他人を行かす言葉、励ましたり力づけたりする言葉を発することができるよう祈り求めたい
ものです。とにかく賛美は素晴らしいものだということがおわかりいただけたなら幸いです。

ヘブライ人への手紙13章15節、エペソ人への手紙5章19節
『 だから、イエスを通して賛美のいけにえ、すなわち御名をたたえる唇の実を、絶えず神に献げましょう。』(ヘブ13-15)
『詩と賛美と霊の歌とをもって語り合い、主にむかって心から賛美の歌を歌いなさい。』(エペソ5-19)



救いの証し
証しページへのリンク



     左の画像をクリックするとPDFで開きます。     




ミッションスクールでのコンサートより


先生からの音信より
 『・・(略)・・生徒職員共々、暖かい歌声に聞き惚れました。ピアノの演奏には、驚きと感動を持ちました。そして、
何よりも、北田さんの明るい笑顔と穏やかでいて力強い生きる姿は、私たち一人一人に希望を与えてくださいました。その
明るさと、力強さがイエスとの出会いによることを知り、生徒たちも本校に学ぶ意味を考える機会になりました。そして、
これから生きていく上で、自分もイエスと出会うことを望む生徒の声もあり、神の問題、信仰の問題も合わせて考えること
ができたようです。感謝です。・・・・・・・・』

生徒さんの感想文より
 『人間は絶え難い試練にたびたびあいます。高校にはいるまでの13年間、いいかえれば、主イエス・キリストに出会うまでは、これらの試練を憎み、神を疑うことしかできませんでした。しかし、キリスト教に出会ってから変わったと、自分でも思います。
 今まで生きてきて、今と同じくらい愛にはぐくまれてきたのに、私は気づくことができずにいたんだと思います。試練にもちゃんと意味があることにも気づきました。しかし、まだまだ、信仰が浅いし、いつも主に愛されているとは思えず、自分を忘れてしまう時もあります。
 今日はそんな自分の心に深くしみわたるようなお話と歌が聞かせていただけました。この北田さん夫妻との出会い、そして、このようなすばらしい機会が与えられたことに感謝したいと思います。』   

 『・・(略)・・私がもし、全く何も見えなくなってしまったら、深く落ち込み、失望してしまうかもしれません。それなのに、北田先生は、明るくて、力強くて、私よりもずっと幸せに見えました。それは、やはり、キリストに出会えた事が大きなきっかけとなって、口に出さなくても表情に表れてきたのではないかと思いました。 
 私は、今日北田先生に出会えた事で、私にとってのきっかけとなって明るく、強く、今よりもっと頑張ることができる自信が湧いてきました。゛視覚障害″というハンディを自分の中で克服し、一生懸命、音楽とキリストと共に生きている北田先生は、素晴らしい毎日を送っていると思いました。その証拠が、今この感想を書いている私自身の何とも言えない興奮であると言えるのだと思います。』

十字架と白ゆりのイラスト





チャペルコンサート履歴

教会
山形市民クリスマス、岡崎市民クリスマス、所沢市民クリスマス、鹿児島市民クリスマス、清水市民クリスマス、呉市民クリスマス、川内市民クリスマス、川越クリスチャンフェスティバル、無教会全国集会、AMCFアジア大会、日本バプテスト連盟全国壮年大会、夏期聖修会、一宮ランチョン、クリスチャンニューライフクラブ、いわきレディースランチョン、早稲田奉仕園、ことぶきの里、キリスト教奉仕団、せせらぎ会、キリスト教奉仕団テープライブラリー、筑波キングスガーデン、日本ホーリネス教団千葉教区連合女性大会、徳島聖書キリスト集会、志村バプテスト教会、所沢キリスト教会、舞浜バプテスト教会、豊栄バプテスト教会、新潟栄光キリスト教会、国立ナザレン教会、代々木中部教会、清瀬信愛教会、寄居キリスト福音教会、川越キリスト教会、青葉台キリスト教会、腰越独立教会、栗ヶ沢バプテスト教会、熊谷バイブルバプテスト教会、横須賀長沢キリスト教会、高松常磐町キリスト教会、鴨島兄弟教会、足利教会、座間キリスト教会、大秦野バプテスト教会、仙川教会、相模中央キリスト教会、東久留米バプテスト教会、日本バプテスト柏教会、中野バプテスト教会、東京新生教会、香住ヶ丘バプテスト教会、中目黒教会、大宮バプテスト教会、船橋教会、高崎バプテスト教会、刈谷教会、日之出キリスト教会、ホーリースピリットクリスチャンチャーチ、与野キリスト教会、善隣キリスト教会、筑波バプテスト教会、三田ルーテル教会、宝塚ルーテル教会、横浜華僑基督教会、綾瀬小園キリスト教会、山形キリスト教会、東松山福音教会、上尾キリスト教会、飯能バプテスト教会、小平教会、水戸バプテスト教会、呉ナザレン教会、国東教会、別府不老町教会、佐賀関教会、旭川神愛キリスト教会、大江町教会、新井聖書教会、前橋聖契キリスト教会、越生教会、高浜キリスト合同教会、伊那聖書教会、バプテスト四日市教会、大佐和キリスト教会、小川キリスト教会、北柏めぐみ教会、蒲原教会、イエスキリスト福音大和田教会、仙台グレースチャペル、若葉キリスト教会、東京カベナント教会、小平聖書キリスト教会、南流山バイブルフェローシップ、武蔵野キリスト教会、世田谷中央教会、大久保バプテスト教会、大和教会、三鷹キリスト教会、坂戸教会、市川八幡キリスト教会、洋光台のぞみキリスト教会、大島新生教会、馬見労祷教会、浜松バプテスト教会、船橋教会、刈谷キリスト教会、初石聖書教会、那須野ヶ原福音キリスト教会、センド国際宣教団みずほ台キリスト教会、聖書キリスト東京教会、大韓イエス教東京福音教会、大口聖公会、井土ヶ谷キリスト教会、富士吉田バプテスト教会、笠松キリスト教会、羽島キリスト教会、八王子バプテスト教会、広星キリスト教会、習志野独立キリスト教会、登別中央福音教会、伊達福音教会、イエスの友会、武蔵野横須賀教会、宮島口教会、土浦キリスト教会、上田聖ミカエル及諸天使教会、豊田キリスト教会、赤坂教会、横芝キリスト教会、静岡キリスト教会、鹿児島教会、五條キリスト教会、山梨バプテスト教会、三滝グリーンチャペル、富士宮キリスト教会、藤代聖書教会、富士宮栄光キリスト教会、代田教会、西所沢教会、東京西バプテスト教会、中央福音キリスト教会、おもちゃのまちキリスト教会、泉キリスト教会、日野神明キリスト教会、桜山キリストの教会、渋沢教会、ふじみ野キリスト教会、立川キリスト教会、米沢教会、金町キリスト教会、一宮教会、如鷲教会、堺キリスト教会、幸手キリスト教会、越谷キリスト教会、高松聖ヤコブ教会、国際シャロームキリスト教会、大阪教会、上諏訪教会、稲沢キリスト教会、ニューライフキリスト教会、厚木キリスト教会、長野福音教会、広島福音自由教会、シオンの群昭島森の上キリスト教会、豊川中央キリスト教会、千葉南教会、亀戸教会、佐原キリスト教会、百合ヶ丘バプテスト教会、宮原キリスト教会、東所沢教会、西尾聖書バプテスト教会、東京新生教会、西新井教会、谷村教会、国府津キリスト教会、高山祝福教会、キリスト同信会東京集会所、あすみが丘福音キリスト教会、横浜戸塚バプテスト教会、日本バプテスト柏教会、西川口教会、花野井バプテスト教会、高尾キリスト教会、鉾田キリスト教会、相模原キリスト教会、奈良佐保キリスト教会、独立新生葛飾教会、碧南教会、SDA千葉キリスト教会、おおねバプテスト教会、キリスト教待晨集会、高崎バプテスト教会、川口福音自由教会、守山一麦教会、川俣教会、真岡教会、インマヌエル千葉キリスト教会、大船渡教会、熊谷教会、大洗キリスト教会、水海道キリスト教会、片柳福音自由教会、町田純福音教会、小川キリスト教会、志村教会、川口キリスト教会、土浦教会、シオンが丘キリスト教会、武蔵台キリスト福音教会、川崎南部キリスト教会、いしのみなと教会、勝山自由福音教会、小諸聖書教会、長岡京キリスト教会、福岡教会、北野田キリスト恵み教会、磯山プレイズチャペル、新小岩バプテスト教会、保恵キリスト教会、豊橋ホサナキリスト教会、新中野教会、インマヌエル千葉教会、前橋教会、越谷教会、町田南キリスト教会、豊田カルバリ教会、天童聖書バプテスト教会、津山教会、今村キリスト教会、KFG志木キリスト教会、南山教会、聖協団札幌教会、上里キリストチャペル、フリーメソジスト岸之里教会、横浜白山通教会、亀有キリスト福音教会、川越のぞみ教会、柴又教会、東住吉キリスト集会、小見川キリスト教会、お茶の水クリスチャンセンターチャペル、東京イースターのつどい淀橋教会、志木キリスト教会、堺キリスト教会、横浜カルバリチャペル、浦和キリストチャペル、深沢教会、菅生キリスト教会、伊東教会、カリスチャペル、袖ヶ浦キリスト教会、徳島キリスト教会、花の木キリスト教会、山形キリスト教会、和合キリスト教会、大網キリスト教会、鹿屋キリスト教会、シャロームホームチャペル、新松戸リバイバルチャーチ、富里キリスト教会、南仙台キリスト教会、運河キリスト教会、四万十キリスト教会、辻堂キリスト教会、星塚敬愛園恵生教会、下館グローリーチャペル、越谷福音自由教会、カルバリバプテスト高尾キリスト教会、インマヌエル市川キリスト教会、渋谷聖書集会子ども会、東京フリー・メソジスト教団みずほ台キリスト教会、天門教会、高島チャペル、新秋津キリスト教会、ホサナキリスト教会、呉山手教会、越谷キリストチャペル、カルバリーバプテスト豊田キリスト教会、八潮ホープフルチャーチーチ、秋川キリスト集会、昭島教会、横浜港南キリスト教会、飯田入舟教会、武蔵豊岡教会ほか

ミッションスクール
関東学院大学、尚絅学院大学、桜美林大学、津田塾大学、青山学院大学、静岡英和女学院大学、中部女子短期大学、桜美林短期大学、広島女学院大学、大阪キリスト教短期大学、共愛学園女子短期大学、聖マリア女学院高等学校、横浜女学院高等学校、九州学院高等学校、女子聖学院高等学校、桃山学院高等学校、済美女子高等学校、恵泉女学園中学校、聖望学園中学校、関東学院中学校、月島聖ルカ保育園、桃山学園、木の実エベネゼエル幼児学校、須賀川栄光幼稚園、川内のぞみ幼稚園、串木野友愛幼稚園、常盤台バプテスト教会附属めぐみ幼稚園、湖北白バラ幼稚園、町田市ひかりの子保育園、呉山手幼稚園ほか



ご献金のお願いについて
巡回伝道の活動は、皆様のお祈りとご支援によって成り立っております。この活動にご賛同いただき、
ご献金によるサポートをしていただける方は、下記までお願いいたします。

郵便振替によるご入金方法 (払込用紙の通信欄に「献金」とお書き添えください。)
   口座番号:00170-8-790478
   加入者名:北田康広